メディオスターと従来の医療脱毛レーザーとの違い

メディオスターの基礎知識

メディオスターと従来の医療脱毛レーザーとの違い

まずは、現在の日本で活躍している医療レーザーを紹介します。
シェア率がナンバーワンとされている右からジェントルマックス、ジェントルマックスはアレキサンドライトレーザーという光が照射される脱毛機。 その次のシェア率が隣のライトシェア、ライトシェアシリーズ。

メディオスターと従来の医療脱毛レーザーとの違い

ライトシェアは、ダイオードーレーザーという光が照射される脱毛機。
次にIPL、パルスライトと呼ばれる種類の光がでる脱毛機。

パルスライトはエステで主に使用される光の種類で、医療用もあります。
医療レーザー脱毛で主流であるのはアレキサンドライトレーザーのジェントルレーズやジェントルマックスとダイオードーレーザーのライトシェアです。

メディオスターもダイオードーレーザーなのですがターゲットや波長がライトシェアとは違います。

メディオスターと他の医療脱毛機はターゲットが違う

従来のレーザー脱毛とメディオスター脱毛のターゲットの違い

ジェントルレーズ、ジェントルマックス、ライトシェアの光がターゲットとしているのはメラニン色素。メラニンに反応する熱エネルギー、レーザーを照射、毛乳頭と呼ばれる組織を殺傷、破壊します。 なので、日焼けして黒くなった肌には使えず、毛質が太く濃い人、色黒の人は痛みが強く、色白で毛が細い人は痛みが多少弱い、効果も出やすいという特徴がありました。

ですが、メディオスターは、メラニンには反応させるものの、ターゲットとする組織はバルジ領域という毛根より浅い部分にある組織です。そのため従来の脱毛器と比べて肌の色の濃い薄いは関係なく施術ができるという画期的なものです。

というのも、メディオスターは従来の医療レーザー脱毛とターゲットとする組織が大きく違うためです。 かんたんに今までの説明をまとめるとこんな感じです。

医療レーザー脱毛機器の種類と違い
ゴリラクリニック 湘南美容外科クリニック メンズリゼクリニック
蓄熱式(SHR方式) レーザー(HR方式) レーザー(HR方式)
バルジ領域の破壊 毛乳頭の破壊 毛乳頭の破壊
ダイオードー ダイオードー アレキサンドライト
痛みが少ない 痛みが強い 痛みが強い

メディオスターは低出力でも高い脱毛効果が!

今までのレーザー脱毛機はメラニンをターゲットに毛根組織、毛の根元の組織を破壊することで、永久脱毛を可能としていました。

しかしメディオスターの場合は、メラニンをターゲットとせず、バルジ組織という毛をはやすための指令を出す組織をターゲットとしています。

バルジ組織は毛根よりも皮膚の浅いところにある組織であるため、熱エネルギーも低いまま組織の破壊が可能です。

その結果、従来の脱毛器に比べて出力が低く、痛みが少ないのです。

毛乳頭や毛根組織を破壊するため協力な熱エネルギーを必要とするライトシェアやジェントルレーズ、ジェントルマックスのような脱毛機の衝撃的な痛さに比べると、メディオスターでの脱毛は低周波を当てるようなジビジビとした痛さという程度。

ただ、今まで痛みがあってこそ脱毛効果があるという意識がある人にはメディオスターはあまりの痛みのなさに、「本当にこれで効果があるのか?」と心配になる人も多いです。

効果が見えてくるのは、毛周期が1周してから、だいたい1年に6回くらい受けると誰しもがまばらになるという手ごたえと術後の抜けの良さを感じ始めます。

青髭の人は、毛量が多いので心配になっても最低6回は通うべき。

心配になったらクリニックに相談するのもありですが、どんな脱毛手段でも毛周期に合わせて通い、少しずつ減っていくものなので、1回ですごく抜けた!という結果をあまり期待しすぎないようにしましょう。

メディオスターは他の脱毛機と同じく脱毛効果あり

メディオスターを導入したゴリラクリニックでも湘南美容外科でも1年以上メディオスターでの施術を行い、メディオスターの高い効果を患者さんの結果をみて感じているそうです。

ゴリラクリニックでは同じ料金設定でライトシェアやアレキサンドライトレーザーのジェントルマックスなどの脱毛機でも脱毛を受けることができます。

そしてライトシェアやジェントルマックスでの照射で1年通っている人と、メディオスターのみで1年通っている人の様子を見ていても、その施術結果に対しては大きな違いはみられていないとのことです。(髭の濃さや個人差もあるので通う回数や頻度によっても比較はしにくい部分ではありますが。)

ライトシェアやジェントルマックスでの施術は、髭が施術後に抜け落ちる体感や痛みがあるため、患者も手ごたえを感じやすいですが、回数を重ねていくと結果はあまり違いが見えにくいそうです。要はメディオスターでもきちんと結果が出るということをクリニック側がきちんと自身のクリニックで感じているということです。

メディオスターはじわじわと熱エネルギーを重ねて加えていくのでライトシェアやジェントルマックスに比べて痛みを感じにくいですが、ライトシェアとジェントルマックス他、従来の医療レーザー脱毛機は痛みが強いのが特徴でもあります。

そのため、長期的に見て同じ結果が得られるのであれば、メディオスターでの施術の方が痛みが少なく気軽に受けられるということで、ゴリラクリニックでも湘南美容外科でもメディオスターを選択する人が増えています。

湘南美容外科がメディオスターで最安値に!?

湘南美容外科 ヒゲ脱毛料金

2017年10月より湘南美容外科が料金とプランの改定があり、アレキでもメディオスターでも同じ価格となり、しかもかなりの低単価。6回受けて29,800円、12回受けたとしても59,600円という安さです。

湘南美容外科の場合、医院間移動が無料で手続も必要ありません。(※カルテの作成は各医院にて必要。)ゴリラクリニックは移動は可能ですが手続が必要です。

湘南美容外科は共通カルテシステムというのがあるため、新宿院が混んでいたら、池袋院を予約することも可能です。

まずはトライアル、お試しでヒゲ脱毛顔全体、首も含めて受けるなら湘南美容外科がオススメ。もちろんクレジットカード払いにも対応しています。

湘南美容外科の予約はこちら »

レーザー脱毛機の種類と違い

メディオスターで髭脱毛するなら湘南美容外科

メディオスターでヒゲ脱毛をするなら、単価の安く、医院数も多い湘南美容外科がオススメです。医院間移動も無料でWEB予約もできて忙しい人にも通いやすいです。

メディオスター脱毛クリニック ランキング

6回/29,800円のヒゲ脱毛!
湘南美容外科
湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック 公式サイトへ
男性専門メンズクリニック
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック
ゴリラクリニック 公式サイトへ
完全回数制5年間で安心
メンズリゼクリニック
メンズリゼクリニック
メンズリゼクリニック 公式サイトへ
人気のクリニック徹底比較 メディオスター脱毛の相場費用・料金はいくらかかる? よくある質問 メディオスター脱毛 地域別クリニックリスト
ページトップへ戻る